Ihme Vision and Motomachi project

Photos: Albert Rein

Photos: Albert Rein

 

Before I came to Hannover, I have taken part in the Motomachi project in Hiroshima for three years .
The Motomachi is Ihmezentrum from Hiroshima.
Motomachi was built as a part of new city planning of Hiroshima City after WWII ,because everything was destroyed by
atomic bomb. In the last few years the residential district has been very well visited, but meanwhile the quality of life in
the neighborhood decreased, buildings have grown into the years and are decaying now, the population's birth rate
declined, and this results in the degeneration of the shopping street.
Hiroshima city university has Motomachi project that through creative and artistic activities the revitalization of the
Motomachi could be achieved. It has a working place that renewed an old shop.
I found a Cafe project team of Student. We performed pop-up Cafe, and connected guests and residents.
In this year, I came to Hannover and then, I was very surprised, when I knew about Ihmezentrum. It is very similar that huge concrete near by the river . I want to tell people in Hannover about Motomachi , so I joined in IHME vision. Many
people helped me so I could do my work. I’m so happy that, it was raining day but a lot of guests came.


I’m sure that Hiroshima and Hannover can exchange through two buildings.
Because I knew two buildings has similar history and problem when
I heard many stories from guests .
In the rest of my life in Hannover, I want to interview with residents in Ihmezentrum.
And after I go back Japan,I will made the film about Motomachi.
Then I want to come back to Hannover with Motomachi!!!

7K5A0023-klein.jpg

 

イメビジョンと基町プロジェクトについて

私は3年間広島で基町プロジェクトに参加していました。舞台となる基町アパートは広島のイメツェントラムともいえる、大きな建物で

す。戦後、被爆して全て破壊された広島で、都市計画が進む中人々の新しい住宅として建てられた歴史ある建物です。

かつては多くの人で賑わっていましたが、今は住む人も減り、多くの店舗がシャッターを下ろしています。

私の所属する広島市立大学は基町プロジェクトを運営しており、空き店舗をリノベーションした事務所で活動しています。

それは、アートやデザインの力で基町を盛り上げようという取り組みです。

その中で私は学生主体のカフェプロジェクトを立ち上げ、移動式のカフェを数回行いました。

町に住む人と外から訪れる人の交流を促しました。

今年、ハノーファーにやってきて、イメツェントラムの存在を初めて知り、とても驚きました。

川沿いに佇む大きなコンクリートの立体はとてもよく似た姿でした。

そっくりな場所があることをハノーファーの人にも伝えるため、イメビジョンに参加しました。

沢山の人に助けてもらいながら自分のブースを仕上げました。雨の降る人でしたが当日は多くの人が足を運んでくださって嬉しかった

です。住んでいる人からいろんな話を聞いて、イメツェントラムと基町が似た歴史や、似た問題をかかえていることを知り、姉妹都市

である広島とハノーファーが2つの建物を通じて交流することの可能性を強く感じました。

今後はイメツェントラムに住んでいる人にさらにインタビューをしたり、日本に帰ったら基町のことを伝えていく作品を作りたいと思っ

ています。そしてまた基町と一緒にハノーファーに来たいです!!